PRODUCTS

製品ラインナップエミーヌ®シリーズ

四級アンモニウム塩型ポリグルコサミン誘導体[ 適用pH範囲:1〜14 ]

カチオン型 エミーヌ®6Qシリーズ

「ポリグルコサミン-脂肪酸誘導体」を、主として六位の水酸基にアルコラート反応で四級アンモニウム化した、カチオン型高分子誘導体の保湿・エモリエント・バリア機能成分です。強電解性の四級アンモニウム基を導入することで、他のカチオン性およびノニオン性有効成分との相溶性に優れるとともに、毛髪や皮膚としっかり吸着し、洗っても落ちにくく、うるおい、コンディショニング効果およびバリア皮膜が長時間保持されます。

おすすめ配合成分例

ヘアリンス  ヘアコンディショナー  ヘアトリートメント  カラー剤やパーマ剤  色素や粉体の分散剤 など…
※各種化粧品ブランドへの配合実績等は、コンタクトフォームからお問合せください。

製品名 脂肪酸(結合量) INCI名 化粧品表示名称 適用pH 性 状
EXC-6QHC12(12.5)-BG(1)
-BG(2)
ラウリン酸(C12)
[12.5%]
Chitosan Lauramide
Hydroxypropyltrimonium Chloride
キトサンラウラミドヒドロキシ
プロピルトリモニウムクロリド
1〜14 淡黄色粘稠性液体
EXC-6QHC18(12.5)-BG(1)
-BG(2)
ステアリン酸(C18)
[12.5%]
Chitosan Stearamide
Hydroxypropyltrimonium Chloride
キトサンステアラミドヒドロキシ
プロピルトリモニウムクロリド
1〜14 淡黄白濁高粘稠性液体
EXC-6QHISOC18(12.5)-BG(1)
-BG(2)
イソステアリン酸(ISOC18)
[12.5%]
Chitosan Isostearamide
Hydroxypropyltrimonium Chloride
キトサンイソステアラミドヒドロキシ
プロピルトリモニウムクロリド
1〜14 淡黄色粘稠性液体
EXC-6QHRBA(12.5)-BG(1)
-BG(2)
コメヌカ油脂肪酸(RBA)
[12.5%]
Chitosan Rice Branamide
Hydroxypropyltrimonium Chloride
キトサンコメヌカ油脂肪酸アミドヒドロキシ
プロピルトリモニウムクロリド
1〜14 淡黄色粘稠性液体

※)コメヌカ油脂肪酸組成・・・パルミチン酸(C16) 16%,ステアリン酸(C18) 2%,オレイン酸(C18:1) 45%,リノール酸(C18:2) 36%,γ-リノレン酸(C18:3) 1%
               (上記すべての脂肪酸がポリグルコサミンに結合するとは限りません。)
◎脂肪酸結合量12.5%とは、モル比でグルコサミン(分子量約161)単位約5,000残基に対して、約625残基に各脂肪酸がランダムにアミド結合している割合いを示します。
◎脂肪酸結合量5%タイプもご用意可能です。別途お問い合せください。[受注生産品(納期:受注後約1ケ月)]

両親媒性ポリグルコサミン(キトサン)誘導体

6Qシリーズの構造

〔 ムコ多糖β-1,4結合型 〕

( 平均分子量Mw≒80万、n≒2,500 )

VIEW MORE

6Qシリーズの構造

6Qシリーズの構造(図) 6Qシリーズの構造(図)

各種成分との相溶性

相溶性の良い成分
参考例

  • カチオン化セルロース
  • 各種アミノ酸
  • ベタイン
  • ステリルトリモニウムクロリド
  • アミノ酸系カチオン界面活性剤
  • ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解シルク
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル
  • 各種ノニオン性ポリマー
  • 各種ノニオン性成分
  • 逆性石鹸成分 など...
  • その他 各種カチオン性成分

相溶性の悪い成分
参考例

  • ヒアルロン酸
  • カルボマー
  • キサンタンガム
  • ラウレス硫酸 Na
  • アクリルポリマー
  • 石鹸成分(長鎖脂肪酸) など...
  • その他 各種アニオン性成分

※沈殿、凝集が懸念される成分

ご使用上の注意

pH調整や他の有効成分を混合する場合は、希釈後またはすべての原料を投入後にお願いします。
エミーヌ®6Qシリーズに直接pH調整剤や他の有効成分を投入した場合、ゲル化や沈殿を起こす可能性もありますのでご注意ください。